忍者ブログ
妄想娘・こかげの雑食ブログ。
<< 09  2018/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[294] [293] [292] [291] [290] [289] [288] [287] [286] [285] [284]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「永遠/の/ゼロ」観てきました。

号泣すると頭痛が襲ってくるのはわかってたんだ。
でも。。。。観ずにはいられなかったんだ。

後半は、涙ががんがん流れて止まりませんでしたよぉemoji

岡田くん主演、零戦のお話。
最近は、零戦の映画が立て続けで、内容を比べて
巷では賛否両論あるそうですが、
個人的には、とても好きなお話でしたemoji

史実だとか特攻の美化などの意見もあるけれど、
私は完全にフィクションとしてとらえて原作を読み、
映画を観ました。

史実や特攻の関して深く悩んで読めば、なんか美化されてる?と
思うところもあるけど、
宮部の「死にたくない」「生きて必ず帰る」の気持ちは、
とても芯が強く、何者にも染まらない信念。
そんな人間の生き方を考えさせる内容が色濃く出ている
お話だと思います。
そんな、宮部に愛された松乃は幸せだったろうなと。
あの時代に、自分の信念を貫き通すことは難しく、
命を大切にすることが認められなかったのだから、
宮部の姿勢はとても格好よく映りました。
部下や周りに対する愛も深い方。

映画の最後に、「生き残ったものが伝えていかなければならない」
と、宮部の部下、大石が話しているけれど、
(この映画で戦争のすべてがわかるわけじゃないし、映画が事実じゃ
ないけれど)
この映画が「戦争ってどんなだったのかな?」「戦争って・・・」と
考えるきっかけになるのではないかなと思う。
戦争を生きた人たちと同じ気持ち、同じ考え方をすることは
現代の私たちには難しいことだけれど、
戦争があった事実、戦争で失ったものがあることを忘れないでいこう。

私的には、
原作でも可愛いなと感じた影浦に映画でも萌えさせてもらいましたemoji
影浦の宮部スキスキ態度がとても可愛い・・・
現代での「俺は、若い男がすきでね。(にやり)」と、ぎゅぅっと抱きしめてくれる
しぶいヤクザさん。
なっ!
どういうこと?
一瞬、涙引っ込んだけれど。
あまり、きわどく、どうとでもとれちゃう言葉はやめてほしい。
妄想しちゃうじゃん。
だめじゃん。

まぁ、そんなこんなで
感動して年こせそうですね。(強制終了!)

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   管理人のみ表示  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
小華月(こかげ)
性別:
女性
趣味:
読書、映画、お散歩。
自己紹介:

好き(人):ましゃ、男らしい方、年上、白衣、メガネ
好き(いろいろ):小説(どんなジャンルでも)、映画、ドラマ

妄想娘。
いろいろ手を出す雑食娘。
最近、少々腐れた趣味が再燃しております。

社会人。
東北の海側生息。
モットーは、明るく元気に笑顔ふりまけっ!
最新コメント
[08/09 こかげ]
[08/08 ぽ。]
[07/31 こかげ]
[07/30 なのは]
[02/05 こかげ(管理人)]
ブログ内検索
バーコード
カウンター

Powered by Ninja Blog    Template by Temp* factory    Material by 空に咲く花
Copyright (c)*143cmのプチしあわせ* All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]